関ヶ原ファン感!と武将ドラフト会議!!

いや、ファン感ではないですな(笑)

関ヶ原ファンの集いの詳細が上がってました!!

むむぅ、早朝から向かわねば…!!

彦根の義の三将と武将隊のコラボ!!
わおわおわお~~~!!
滾る!!(≧▽≦)

…東軍の皆さまには申し訳ないカンジやけど(笑)

楽しみ~~~~~~~~~~♪


そして、昨日の夜にやっとドラフト会議にラヂオを聴きました
おもしろかった~!
配信を聞くまで、三成さまのブログ読まないつもりやってんけど
忠勝さま直政さまがぶつぶつ問題発言してらしたので(笑)
ちょっと読んでしまいました…

でもあれですね、両軍の殿の指名を聞いてると
違いがはっきりでおもしろい!!
どっちもドリームチームなんやけど
東の殿は、“本来なら、”っていうカンジで、動かなかった軍勢、一番槍し損ねた軍勢…
みたいなカンジで、結果、兵力がものすごいことになってますけど(笑)
西の殿は、堅実というか、着実というか、現実味があるというか…
現実味はあるんだけど、メンバーがオールスターみたいになってますね!
兵力が少ないのに、オールスター級メンバーということは、インパクトとか知名度とかは
西軍のほうがあるってことです
しかしながら
兵力差5倍?!(笑)
大坂の陣とか
小田原の陣とかみたいなカンジですね
篭城戦じゃないので、圧倒的な差が…!
金曜日の布陣も楽しみだけど、中継とか、ナマで見る人は分かるけど
配信でしか聞けないあたしは、布陣はどうやって知ればいいんだろう…
と心配に…
ブログとかに画像であげていただけるんでしょうかね?

そんなこんなで、おもしろかったです~

早く寝たかったのに、夜中にめっちゃ盛り上がってしまっただよ…

東軍ラヂオの、直政さまの“ムダにイケメン”にも笑ってしまった…
ムダにってなんだ…(笑)




スポンサーサイト

古橋ってあの古橋?:そのに

来週で活動終了する、長浜歴ドラ隊のパフォが見れるかも!とおもってたのですが
古橋を出る時点で14時、パフォの開始時間は14時…
間に合うかな~と行ったのですが、残念、終わってました…
結局、小谷会場のパビリオンに入って、ぶらぶら観ました
火縄銃構えたり、弓を引いたりできたので、おもしろかった~
売店で浅井三姉妹にあまり関係のない三成の本を買いました(笑)
『み~な』の三成特集号復刻版!
おもしろい本でした!

で、長浜市内へ向かって、クルマを停めて、いか太郎殿のお店を探す!
ものすごいぐるぐる歩き回ったのに、駐車場から近くにお店があったという…
しかも閉店した直後くらいのお店に、もうおしまいですか~と無理やり入って
無事にいか太郎殿をゲット!!(笑)
七本槍の『三成』とともにいただきましょうかな…♪


やっぱり滋賀県楽しい~~~!!
大好きです

帰りは、ちゃんぽん亭で食べたv
美味しかった~!
近くにあるみたいなので、また食べに行こうv

そんなこんなで、今回の旅はおしまいでございますv

古橋ってあの古橋?

日曜日は鶏足寺へもみじを観に行きました

行きは妹が運転してあたしはナビでヒマ~~~
城攻めしたり、佐和山に向かって手を振ったりしてました
111127_1004+090001_convert.jpg
そして念願の写真ゲット!!
この自動販売機の標識のイラストが激カワイイ!!
高速連写でやっと撮れました…

木ノ本で下りて、まず、行く先はココ!
PB270641_1.jpg
じゃんじゃん~ん、つるやパン!
サラダパンを買うのだv
関ヶ原の西の殿の謝罪会見がどうしても浮かびますが(笑)
絶対食べたかったので~!
サラダパン4本と、スマイルサンドとサンドイッチとラスクとそばカレーとフルーツサンドを買いました
満足満足♪
噂に違わぬ味と歯ごたえでございましたv
美味しかったv
また食べたい~~~~!

近くに“七本槍”という看板が…そして軒下の杉玉が新しくなってる!!
これは新酒ができたというお知らせ!!
もちろん入りましたがな~~
PB270628_1.jpg
わ~~~なんだこのお店!!
奥にあるのは電話ボックス?すごい…
浅井氏の台頭により、逃げてきて、造り酒屋を始めたとか書いてありました、確か…(うろ覚え)
PB270632_1.jpg
あっ、こんなんあるv
やっぱり…縁がある土地なのやな~
『三成』を買いましたv
(あとは『七本槍』の濁りを…v)
PB270635_1.jpg

なかなか鶏足寺に辿り着かないあたしたち
まあ、いつものコトです(SAとかに寄りすぎて、着かへんやん!と友だちに怒られる)

しかしようやく辿り着いた鶏足寺周辺はものすごいクルマで
観光バスはガンガン来るし、一般車両もスゴイし
路駐させてもろて…(すいません)行きました


続きを読む

指名手配の左近さま

先週土曜日は映画村へ行った!

太秦戦国祭りがあったので(それに戦国パラダイスが来てたので)

きれいになって、初めて行きました
そして着物着て行ったので、着物割引もしてもらいましたv(半額!)

コスプレイベントもやってるので、村内はにぎやか!
そして、普通にお客さんも多いです~

入ってソッコー戦パラブースへ!!
第二衣装でわいわい言うて、ドラマCD悩んでたらカントクが「じゃああたし買うわ」と
ぽいっ!とお買い上げv
あたしは武将たちの日常本を買いました
一番がさ~
ウチの殿が、遠くへ行きたいって言ったら、甘味の殿が「何もかも終わったら連れてってやる」とか言う
涙出る会話だったのですよ(T T)あれ、確かケータイで見たとき、泣いたような気がする…

目的を果たしてぶらぶらしてたら、気になる手配書…書というか、立て札を見ました
PB260601_1.jpg
思わず「左近さま~~逃げて~~~逃げて~~」と叫んでしまった(笑)
先週、ほら、京都のお屋敷跡ってところに行ったからさ!!
ちょっとリアリティあったり…


ご飯食べて、戦パラアニメの声優さんのトークショーがあるというので、聴きに行ってきた
川原さん…エエ声やった…2人(カントクと)でこっそり「橘さぁん!!」と叫んでたのは秘密でございます(笑)
トークは笑いましたですよ~
甲斐姫役の望月さんの天然っぷりに、スゴイな~と感心しきりでした…(笑)

関西では観られない、本編(笑)も3つ観れて、ラッキー♪でした
あれ…7月くらいに関ヶ原でロケしてるんですかね?武将隊の影も形もないので(笑)

終わってから、戦パラブースで、サインしてくださるというので、武将たちの日常本にサインいただきました
それぞれのキャラの、メインエピソードのページに…
111126_1813~01
無茶なお願い聞いてくださって、ありがとうございましたm(u u)m
(こまというのは、戦パラの領主名でございます)



続きを読む

サラダパンといか太郎殿


ふふふ。

木ノ本へ行ったので、サラダパン
帰りに長浜へ寄ったので、いか太郎殿

お酒は木ノ本で入手

楽しい旅でございました

詳しくはまた




おさしみなさぁーーーーーーーい

目から水が出る

関ケ原の吉継さまのついった




吉継です。今日出会った人たち、そして遠くから見守ってくれてる者たちが元気で過ごしているかに想いを馳せているのだ~。 我らは、皆と共にいることで元気をもらっておるからの。いつでも心のそばに、我らがいられたらいいの(^-^)



うえええええ(T_T)



泣いてもよろしいですか…


太秦よりの帰りの電車内にて、うっかり目から水が出てしまいました
ぐりこでございました

殿のお手紙とか

大阪文学歴史館という博物館に行ってきた!

能勢電初乗車☆

一の鳥居という駅で降りると、
…?お城?
近世城郭が見える…
もしや…

果たして、その建物が博物館でございました


展示物はですね
殿、秀吉、三成、光秀、秀忠、秀頼、政宗、元就、輝元、春日局、高台院…
のお手紙や公式文書がメインでした
なんというか、ラインナップがミーハーなカンジで(笑)
おもしろかったです

こういう集め方なのか、あえてメジャーどころを見せてくれてるのかは分かりませんけども
でも誰もが知ってる人、武将の公式文書とかお手紙って、やっぱり見ると「ほほ~」っておもうしね

しかし、説明がよかったですよ
楷書に直したものが、字数とかその通りに表示してあってですね
大まかな内容も書いてくれてある
楷書で漢字の場所が分かると、元々の手紙の、ああ、あの辺に書いてあるんやな、って分かる
昔のお手紙って、続きとか追伸を行間に書いたりしてるので
ぱっと見、何が何やら、ってのが多いのです
それもちゃんと、字の大きさを変えて、分かりやすく表示してくれてありました
やっぱり古文書の展示はああでないと!!
なんの説明もないと、一般人には何書いてるか読めんから、説明せんでええやろ、って
おもわれてるように感じるのよね。偏見かしら。上から目線。
細●家の至宝展がそうでした(ぎゃー)
国立博物館とかは、大抵そういう心配りはありませんな!!

それはともかく
信長や秀吉、公式文書が彼ら自筆ではないのに対して(たぶん、自筆は花押のみ)
政宗の手紙は、プライベートな手紙で、あとで鮭のすしをおくるから、とか書いてあったりします
間違いなく政宗の自筆
署名が“まさ宗”とひらがなつかってて、かわいいです
仙台でもおもってんけど、たぶん、気分とかでころっと字が変わる人やったんちゃうかな~と

なかなかおもしろい特別展でございました

人がまばらで、思う存分見れました…
古文書読めるようになりたいな…どういう勉強したらええんやろ…

ウチの殿関係はひとつもなかってんけども
江戸時代の関ヶ原合戦絵巻、というのが出てて、どうやら北側から三成陣地を中心に描いてるみたいなんですが
奥に松尾山、南宮山があるのに、三成陣の手前、北側に
脇坂・朽木だったかな?が居て
あれ、おかしくない?
この布陣やと、金吾裏切った瞬間に、本陣挟撃されるがな…!というものでした
巻いてるあのあたりに、きっとウチの殿が居るに違いない…!と
目を細めたりしてみましたが、見えませんでした…(残念…いろいろ…)

天守閣っぽいので、てっぺんにものぼれますが(展示室ではない)
展望室でした
山が赤くなってきてて、きれいでしたな~
周りが住宅地なので、撮影禁止なのでした

帰りにロビーでお抹茶いただきました
お菓子は川西名物という、いちじくの羊羹
川西はいちじくが有名なんだって~
ほうほう。
もしかしたら、殿も食べたかもしれないぞ…お茶も飲んだかも知れないぞ…
と妄想しながら(またか)いただきました

お腹空いてたので、十三で念願の豚まん買って帰った!
111123_1702~01
大阪のソウルフードやしな、蓬莱の豚まん

…その場では、喜八州の酒まんじゅう食べたんでした
めっちゃ久しぶりでおいしかった…


以下は博物館がおもしろかったはなし










続きを読む

時代の空気…

え~と、土曜日に京都国立博物館に行ってました
111119_1628~01
でかいな!!

ってことは書いたので、帰りの、左近さま屋敷跡のこと…


豊国神社の参道!にあったのですが
ともかく、島左近の屋敷跡だとは言われておるみたいです
それが、三成存命中の…だから、秀吉も生きていて、京都に住んでたときの屋敷跡なのか
三成が居なくなった後の屋敷跡なのかは、知らないのですが…すいません。

その、建物の前からは、当然、豊国神社の鳥居が見えるのです
CA3F0237_convert.jpg
見えますかね?
ちっちゃく鳥居。
もし、三成死後に隠棲(?)してたとなると、なんか、意味深な場所だとおもうのです
ただ、関ヶ原首謀者の重臣が堂々とこんな場所に住んでるかん~ともおもうし
灯台下暗し、かな~ともおもうし
よく分かりませんが
大坂の陣までは、ここはあったハズですので、まあ、あったんでしょう(意味不明)

CA3F0235_convert.jpg
これが外観
空がピンクなのは、カメラのせいです、すいません…(明るい場所がとんじゃうんです…)

う~ん。
その時代は、どうだったんだろう…
とか、考えました。
近くには、耳塚もあるんですよね。

そう考えると、かなりディープな場所なんですよね…。

戦国時代の京都にまった詳しくないので、あれもこれも憶測というか妄想でしかないですが(笑)



ここからの帰り、京都駅まで歩いたので、通った場所があります
CA3F0239_convert.jpg
七条通りの、鴨川の橋から、北側を撮ってます。
六条河原は、このへんでしょうか…
六条の北側なのか南側なのかも知らないんですけども
三成さまはあのあたりで斬首されたんですな。

もし、左近が関ヶ原を生き延びていて、京都に居て、起きれるような状態だったなら
もしかしたら、その瞬間を見てたかも知れない。

とか、そんなことを妄想しながら、川を眺めてました

昼間は激流だったけど、このときはもう落ち着いてますね(笑)
あんな激流の鴨川、初めて見たわ!!

とまあ、そんな妄想のいちにちでした。

おしまい。

プチホラー

さて、池田温泉からの帰り道
割と道は真っ暗
当然車内も真っ暗ですな

そんなとき、ナビシートのらっこちゃんが突然

「頭になんか触った…!」

ええ~っ、コワイこと言わんとってよ~!!

しかし、依然車内は真っ暗…

でもあたしも、フロントガラスの隅っこに、なんか飛んでたのを見ました
でも外で飛んでるとおもってた
虫か、葉っぱか

やっぱりまだ真っ暗、関ヶ原町に戻っても、真っ暗…

そしたら!!

右手の甲に、なんか触った…!!

ぎゃあああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1

「うわ、何?!」

なんか、なんか触ったっ…!!!!!!!!

「えっ」

「何か、居ることは居るんやな…」

「あっ!」

な、何っ

「今、ここ飛んでた…!」

窓!窓開けろ!!

「……あ、出た、今出てった!」


結局、何が居たのかは分からんのですけども(笑)
蛾?みたいな大きさの虫だったようなカンジです…


怖かった…でも何か居て良かった(笑)

プチホラーでした…


帰り道、名神で、戦車を見た…!
自衛隊のクルマ、低速走行中、って書いてるクルマ走ってるな~とおもって追い越したら
戦車積んでた!びっくりした~
ナマ戦車、初めて見た!!

PB200539_1.jpg
関係ないけども、関ヶ原はとんびがえらく低空飛行してました
とんびって、近くで見ると、猛禽類やな~って顔してる

激戦:その後

体育館へ入って、武将隊の皆さまの登場を待ちます

武者ワンが来てくれて、らっこちゃんが2ショ!
あたしも撮ればよかった…

準備ができるまで、東軍はこんなコトに
PB200588_1.jpg


せっかく握手していただけるというのに、なんか手は汚れてるし(>_<)
そんな時に限ってウェットティッシュ忘れたし
ハンドクリームも忘れてかさかさになってきてるし
手は冷えてるし…
で、手袋してたら順番がきて
「よう参ったな~、寒そうじゃな!!」と直政さま
あ、すいません、過剰で…
写真撮ってもらって、握手してもらって、思わず、ぬくい~~~~!を連発…
「あっためてやって!人間カイロ」とか忠勝さまが言うてくれはりました
いへやすさまが、またぶんぶん振ってくれはって(笑)
冷たい手でごめんなさいでした

次は西軍
まだ前の人がお話ししてはるわ~とおもって
天井の換気扇見上げて、らっこちゃんに話しかけようとしたら「次はお2人か?」と背後から言われて
びっくりした
左近さまでした
刀が2本下がってるので、2本重そうですね~とかなんとか…
思わず3本にしないの?とか聞いてしまったり
「3本にしたら、わし、もう持てんしな~…口で持つのは重いから」
しゃべれないですもんね!!
「そうそう!」
「左近の刀はどこまで増えるんだってよく言われるんだけど、増えんからな!
6本にもならんよ!2本じゃ!」(カッ!←こっちを見た音)
1本鞘から抜いて、持たせていただきました
そして西軍の皆さまとも撮ってもらって、握手もしてもらって
ありがとうございました、とおしまい
吉継さまが心なしか元気なかったというか、口数が少なかったというか
そんなカンジやってんけど…ありがとうございましたです

あとで写真見たら、東軍の皆さまは、脚を広げて立ってはるので、身長差があまりないんだけど
西軍の皆さまは、直立なので、身長差がすごい(笑)
コレもカラーかな~とおもったり
引き伸ばして部屋に貼ろうか!とおもうくらいです…



体育館を出て、撮りたかったものを!
PB200594_1.jpg
ばば~ん
直政画伯による、六武将の似顔絵!でかいな!

PB200597_1.jpg
の外に、皆さまの馬が停めてありました!左近さまの馬、濡れてるよ…

PB200598_1.jpg
やぎ写!えさ箱に上がるのは、デフォらしい。
この後、えさ箱にあがったことをめぐって、戦いが繰り広げられておりました(うそ)


堪能して…うそ、笹尾山のきれいなもみじを撮ろうとおもってたのに
寒さのあまりすっかり忘れてしまった…くそう。

寒かったので、池田温泉へ向かう!







続きを読む

激戦

にちようびは関ヶ原でした

ミニ合戦劇の公開リハをやるというので、朝っぱらからぶっとばして行きました
(ドライ●コンパスで予測すると、2時間近くかかる距離を1時間半っていう…)

笹尾山のふもとで、合戦劇一般参加者さんと、作り上げていくのを見れます
すごいな~!

PB200530_1.jpg
陽が照ってて、暑いくらいだったのに、まさかあんな天気になるとは…

2時間くらいのリハが終わる頃、なんと雨がぱらぱら…

雨上がってほしい~と願ってたのですが…

ご飯を食べに、レストラン伊吹へ…
PB200574_1.jpg
あんかけ焼きそば、美味しかった…

ホンマはお天気やったら、合戦弁当買って、笹尾山で食べようと思ってたのに…
ぶつぶつ。

食べてる間に、えらい雨になってきました。
これは、体育館かなぁ…
でも、今更体育館でできん!て言うてはったしなぁ…
なんて話をしながら笹尾山へ戻る。

お客さんは雨の中、たくさん待ってはって、みんなすごい!
クルマの中で待ってたら、えつこおねえさんのアナウンスが
「雨ですが、合戦劇、ここでやります!」
ええ~?!やるの?
…理由は、あとで、忠勝さまのついったで知ることになるんだけども
そろそろ行こうか~って言ってたら、雨が上がった!!
わぁ~~~!すごい!
虹…雨の弓、も何回も見ました
PB200577_1.jpg
ちょっとねぇ、うすくてわかりにくいんだけども

雨が降ったり、風が強かったり、陽がさしたり、虹だったり
めまぐるしく変わるお天気
えつこおねえさん曰く、「関ヶ原らしい」そら、得した気分ですな!!

この日のタイトルは、記事のタイトルです

開戦して、左近が撃たれて、金吾が裏切るまで。
ってコトは、必然的に次回は…ですがな!!!!!!!!!!!!!!!

本番中は、ビデオ録ってたので、写真はリハ中のものしかありませぬ~
吉継さまは頭巾を被っておられませぬ~

ってコトで、以下写真。




続きを読む

古文書を読めるようになりたい

京都国立博物館行ってきました
あまりの雨にやめよかな…
と思ってたんやけど
左近さまのブログで気合い入って、よっしゃ行くかと飛び出したとさ




殿の朱印状とか
ガラシャのお手紙とか
刀とか
刀とか
刀とか…(笑)

お茶道具は分かりません

しかし、忠興は利休七哲といわれ…
利休自作の茶杓を、平野長泰にあげたときの未練たっぷりの添え状…

とか見たら

ぶぶっ

ユニットを越えた共演

とか脳内で盛り上がってました、ひとりで(笑)


刀を久しぶりにたくさん観て、目の保養~
飾り鍔もたくさん観て、鶴丸透かし彫りの鍔のキーホルダーを買ってしもた


家康が幽斎に当てた手紙で
三成を捕縛したので、引き立てられるところをお見せしたい
とか書いてあるらしくて

家康ムカつくわ~

とか井伊ながら…じゃない(笑)
言いながら観てました


大半のコレクションをした、細川護立という人の
びっくりエピソードが面白かった
殿さまって…(笑)





帰りは豊国神社にお参りして
左近屋敷跡と伝わる建物をじろじろガン見してきました

ほんま参道にあるんよね
当時はまだ、鳥居もあったんかな~
もしホンマに左近があそこに住んでたなら
毎日毎日何を思って豊国神社を見てたのかしら…

とか思ってちょっと立ってました

地元の方に訝られながら(笑)



思いがけず戦国ないちにちでした

明日は関ヶ原(笑)
今から飲み会(笑)

『海遊記 義浄西征伝』読了

海遊記―義浄西征伝海遊記―義浄西征伝
(2011/09)
仁木 英之

商品詳細を見る


おもしろかったー!!
こういう、ロードムービー…じゃなくて、ロードノベル、さすがです

義浄という人をまったく知らなかったのですが
描写がおもしろい…
これは、肖像か何かが残ってて、こういうふうにえがいてるのでしょうか…

「大力の男が力任せに左右に引っ張ったように大きく張り出した頬骨」
「小さな眼窩の奥には、ぎらぎらと獰猛な光を放つ瞳が輝き」
「扇のごとく広がった額」
「顔の上にあるすべてのものが幅をきかせ」
「顔の大きさの割りに体は細く小さい」
「足はひどいがに股で、その上短かった」
「遠くから見れば、顔が衣を着て立ち上がっているようにも見える」
(本文より)

…顔が衣を着るってどんなん…(笑)

玄奘三蔵が、陸路、天竺へ行って帰ったあとに、海路、天竺へ行って帰ったらしい
中国の実在の僧のお話。

釈尊の教えは、なぜ国が違うとこうも違って伝わっているのか
釈尊のほんとうの正しい教えを知りたい、持ち帰りたい、伝えたい
という一心で、これでもかと向かってくる災難(まさに!)を薙ぎ払って(まさに!!)
遂に天竺へ到達する…

までが描かれています

頑なな義浄の考えが、根本を残してゆるっと変わるところがおもしろい!!

大冒険活劇!!

です。

おそらく、実話も交えながらなんでしょうけども
なんか、昔の中国~アジアの海なら、こんなことがあっても不思議じゃないよな~
とおもってしまうところもあります。

要するに、玄奘三蔵が天竺へ行った実話を元に『西遊記』が書かれたのと同じです
海を渡って行ったから、『海遊記』

おもしろい!!

仁木さんの本は、これと、『僕僕先生』と『くるすの残光』だけしか読んでないですけど
『くるす~』より、こっちの中国のお話のほうが、文章が生き生きしてるとおもうのは
自分の好みの問題でしょうかね~


これも、もしや続きを書くおつもりがあるのかしら~

ちょっと楽しみです。


関ヶ原が12月たいへん

なんなの、あの、毎週イベント!!
そんなに行けないし!

でも、毎週通わないといけないくらいの勢いだよ~

どうするよ~
ワンデ●パス終わってるよ~(笑)


関ヶ原までワン●イパスに入れてくれたらいいのにな~



最後まで、全力で楽しむ!!
きっと泣くけど、楽しむぞよ




20111117202624.jpg
出陣表を自作…(笑)
最終日は29日にしてください…

松尾山登山、ええな~
必然的に山頂で武将ピクニックやんか~(笑)
さ、寒そうやけど…



http://bushow.seesaa.net/



にちようび

足の爪を切りました…

ようやく、夏服をしまって
冬服を出しました…

洗濯もいっぱいしました…

フィギュアスケートを観ました…

関ヶ原東西武将隊のついったを眺めてました…

日シリも観ました…

HDDの整理をしました…

晩ごはんはお好み焼きでした…

今に至る、なう。



あ、どりらい、峰に跡部部長が来たようでした…
ベカミさんが増えますように…
切に願いまする…





おやすみなさい。

奈良!!

木曜日に正倉院展に行ってきました
毎年恒例行事なり~

まず着いてすぐ、ごはん!
111110_1130~01
妹がおいしいと絶賛してたうどん屋さんへ
とりちくぶっかけ(温)をいただきました
とり天がやわらかい…
うどんもしっかりしてたけど、ちょっと茹ですぎ?コシが少なかったか?ってカンジでした

正倉院展、前日に行った母が入るのに1時間以上待った!と言ってたので覚悟してましたが
この日はそうでもなく、20分くらいで入ったかな?

入ってすぐに部屋に伎楽面があったり、展示はちょっといつもと違うカンジ
人は多いけど、ささっと流し見の人も割りと居るので(何しに来たん…)
ちょっと待ってると観れますな

蘭奢侍(黄熟香)の周りに人だかり、何年か前も見ましたけど
もちろん香りも気になるけど、あたし的には、殿が切り取った跡ですよ~!
大河にも出たしね~!
蘭奢侍、って字の中に、東大寺、って字が隠れてて、それはいつから呼ばれてるか分からないらしいんだけど
大っぴらに、東大寺正倉院の黄熟香、って言えないから、そういうふうに呼んだんだろうねぇ
とかうにゃうにゃ話しながら観てました

あと妹と盛り上がったのは、お経をしまう?箱
丁子の花芯と、マメ科の植物の種が、沈香が練りこまれた漆の表面に埋め込まれてる箱
虫除け効果もあったそうで、きっとスパイシーだよね!って2人でゲラゲラ…

五鈷しょ(字が分からん!)と五鈷しょケースとかね!
ミラクルフィット!!

他にもあったけど、あの、今年の目玉の太刀は、わざわざ最前列で見る列を作ってたんやけど
進め進めって言われて、ほとんどじっくり観れんかった…
あんな列作るから、大変なことになるんちゃうのん~!と不満たらたらでした

今年は全体的に地味~な印象
ばちる、とか、螺鈿、とかがなかったからね…
(ばちるは物差しがひとつ出てましたね)
あたし的に大好きな、魚々子紋(ななこもん)もなかったしな~…

グッズも買わずに出ました…

帰りは大和西大寺の駅で、恒例の
111110_1825~01
豊祝この時期は、ひやおろしですよ~
ウマ~
近鉄奈良の豊祝でもよかってんけど、他にも見たいお店があったので、こっちに。
少々酔っぱになって、妹と激論を交わしたのですが、つまらん内容だったような…
蘭奢侍を、いつどうやって殿が切り取ったか、とか…そんな…(笑)
史料も知らんのに、殿が出向いただの、東大寺が持ってきただの、色々(笑)
きっと専門の方が聞いたら大笑いするような内容だったことかと…

まあ、そんなカンジの奈良でした

いつもは、正倉院の後に興福寺の特別拝観とか見るんですが、今年はいいや、ってんで
帰りました

奈良ももっとじっくり遊びたいなぁ~…

やっぱ1回お泊りして、遊ばないといけませんねぇ。

天からの涙降り注ぐ、そのさん

駐車場でしばらく見てたんですけど
(といっても、武将隊はテントの後ろのテントにいらしたので見えるワケではないのですが)
金ヶ崎宮にお参りすることにしました

PB050515_1.jpg
小豆袋のエピソードの舞台はココです!
と、看板があります
金ヶ崎といえば、いへやす様も言うてはりましたけど
朝倉と浅井に挟撃されそうになった信長が
秀吉を殿(しんがり)にして逃げた戦
せんむそでも、金ヶ崎撤退戦ってエピソードがあって、行きたいところでした~
具体的にどういう布陣とかは知らないんですけども(すいません!)
お市さまが、両端をしばった小豆の袋を信長に送って危機を知らせた舞台が
ココ!というワケです
その当時も金ヶ崎城はあって、信長はココに居たんですかね…
PB050517_1.jpg
ふむ。
そんなコトをおもいつつ、お江スタンプラリーのガラガラ抽選会に臨みます!!
用紙に住所を書かなきゃならんので書いてると
スタッフさんから
「遠くからですか?」
はい、大阪です
「武将隊を観に?」
はい…
「今日は多いな~」
敦賀、関西ワンデイパスの範囲内なので、来たんですよ!
「ああ、あれね~!広いですよね~」
てな話をして、ガラガラ回しても中々出ない(笑)
3回くらい回して出たら、5位~~!カランカラン~!
お江ちゃんオリジナル商品、がもらえるとのこと
嬉しいねんけど、吉継さまが気になる!って言うてはった
6位の敦賀ドレッシングが良かったな~!(笑)
駐車場で引き換えといわれたので、下へ降りました
ちょうど武将隊の皆さまが引き上げるところだったらしくて
たくさんの人が手を振って見送ってました~
お疲れサマでした!

で、これがもらったお江ちゃんのお菓子!
111105_1628~01

福井県産のこしひかりの米粉を使った生地に3つの味のクリームがサンドしてあります
茶々のイメージで抹茶
初のイメージで紅茶
江のイメージで珈琲
もっちりしてて、おいしかったです!

…雨じゃなかったら、気比の松原とか、小学校とか行きたかってんけど
雨やし、帰ることにしました

観光案内所へ帰りついたら、おかあさんたちが
「お帰りなさい~!途中から雨で…大変だったですね~、懲りずにまた来てくださいね」
と言うて下さったので、また来ます!と返事してきました

コンビニでビール買って、電車内でひとり打ち上げ(笑)
三成さまのことばを思い出して泣いたあと、途中から記憶がありません…
当たり前か。
寝ぼけて降りる3つくらい手前の駅で電車飛び降りたり…

けど、充実したいちにちでございました
寝る前に布団の中で、録画を見返してによによしたり…

敦賀、今度は晴れてるときに行きたいものです~
(前に行ったときも雨だったのです)

と、いうワケで、敦賀の旅はおしまい!

おつかれさまでした。



天からの涙降り注ぐ、そのに

近くのヨーロッパ軒に行けばよかったんだけど
何をおもったのか当日のあたし
アルプラザまで戻りまして…(たぶん、ドコかへ行こうとおもってた)
上で食べました、ソースカツ丼!!
どん!
PB050501_1.jpg
チキンだったんだ~って書きましたが、とんかつだった!!
薄いし柔らかいし、絶対チキンやとおもってた…
これはMサイズやったけど、Sにすればよかった…

で、ここで食べながら某ケータイサイトに書き込みして、リアタイなやり取りが続くのですが(笑)
それはさておき。

食べてる間に雨、止むかな~とおもってたんですけど、止む気配もなく。
仕方なく、ゴミ袋にカバンを突っ込み、カサさしてチャリを漕ぐ。
しかし、敦賀の人は、カサさしてチャリを漕がない人たちなのか…見かけない…

金ヶ崎宮…の前に最後のラリーポイントで、ハンコもらう!!
中を見るつもりだったのに、時間なくて、ハンコだけもらって、出てしまいました…
すいません。今度行きます…

傘さして撮影ですよ~
我ながらアホだとおもう…
ぎっくり腰を騙して電車に2時間以上揺られて敦賀まで来て
雨の中傘さして背中の荷物濡らしながらビデオまわして…
と、途中でおもったりもしたんだけど
でも、仕方ない。
ハマっちゃったんだもの!!
熱しやすいのがAB型たる所以ですので!!(笑)

今回は、パフォのすぐそばでしゃがんでたので、武将隊の皆さまが動くたびに
雨粒というか、水がとんできて、ものすごい臨場感!!
なんか分からんけど、それで興奮してしまいました(笑)

いつもは、雨が降ったら体育館でするので、(全天候型武将隊、らしい…)
雨の中での演舞は、最初で最後かも知れない!ということで、貴重だったかも?!
さすがに兜は脱いでらっしゃいましたが
雨も滴る…!でございましたv

タイトルは、演舞が始まるまえに、吉継さまが叫ばれたもの

気比の松原の話とか、お江と敦賀の関わりとか、色々ありました
三成さまが???なカンジでした(笑)
敦賀藩の2代目藩主、松平忠直(結城秀康の子、家康の孫)の正室(勝姫)の生母がお江、
というのを吉継さまが話してたら
三成さまが「嫡男じゃろ?」と…
みんな、?????でしたが
吉継さまが説明をして、「正室じゃ、おなごじゃ!!」と…(笑)
三成さまも、「ああ」と納得されとりました(^o^)

じゃんけん大会を予定してたそうなのですが、それは中止ということで
代わりに握手会をしてくださるとのこと!!

それはそれでどうしよう~
緊張なのじゃ!!
PB050502_1.jpg


続きを読む

天からの涙降り注ぐ、

敦賀金ヶ崎宮、参れ!!

参れというのは、お参りせよと言うのではなく。

先週土曜日に…もう一週間経つのか~
関ケ原東西武将隊を観に、敦賀へ行きました!!

敦賀!!
吉継さまの旧所領、行かないワケにはまいりますまい!!
と、いうコトで~

朝っぱらから張り切って行きました!!

駅からレンチャリで行きます
観光案内所の場所が前と違うな~

まず気比神社にお参り
…あれ、写真がない。撮ってへんのか(笑)
111109_0104~01
むくろじの実のお守りです
むくろじって、ロストキャンバスに出て来た…!とおもって今調べたら、ちょっと違う木だった。
七五三のお参りを見かけました
三歳児(数えの)の着物、大変だよね…(しみじみ)

それから、永賞寺へ
PB050469_1.jpg
前に行ったときにあった幟旗、無いな~
でも本堂に
PB050471_1.jpg
菩提寺って書いてる~こんなん前にあったかな~

と、おもいながらつるが山車会館へ
もう床几が出て、幟旗も立ってる~早い!
お江スタンプラリーのラリーポイントでもあったので、スタンプ押してもろて、中にも入りました
さすがに人が多くて、ぶらぶらしてたら、外が急に騒がしい…
なに、もう出てきたの?と外へ出たら
PB050475_1.jpg
よっしーが!!!!!!!!
後で聞いたのですが、急遽呼び出されたそうなのです(笑)お疲れサマです!
わ~~~、よっしーの着ぐるみにも会えました!!

よっしーが色々ポーズをきめてくれて、2ショ撮らなかったのは心残りなんだけど
いよいよ武将隊が登場というので、ビデオカメラスタンバイ!!
今回は動画を録ろう!!とビデオを持参しました…
アホ…




続きを読む

ドリライ2011☆

もう先週になりますが、神戸の日曜日に行って来ました!

昼と夜2つ取れた!ってびっくりしててんけど、フタをあけてみたら
スタンドの上の方はかなり空席が目立ってるカンジ…

まあ、いいけど。


昼は、20列目くらいだったかな?
下手(しもて)側でした。
花道の真ん中から先端くらいでしょうかね。

色々、構成もおもしろくて、楽しかったですね。
学校5つですか!たくさんやな~
にぎやかでした。

そしてまあ、日替わりネタといいますか、毎回のアドリブというか、もあったりで
楽しかったでございます。

つねくんの跡部は、なんというか、ちょっと天然っぽいというか…
あの、放プリの跡部っぽい…男前やのに…(笑)
『氷のエンペラー』『ブギウギ』が聴けましたので、それは嬉しかった!!
本公演のとき、ルドまで同じ歌だったから楽しみにしてたのに
氷帝だけ変わっちゃったから、すごい残念だったのよ~

そしてやっぱりキナリくんがカワイイ!!
あの子はめっちゃ神尾や!ってウチらの間ではもっぱらなんやけど
ポートライナーの中で聞いた会話によると
「神尾がちょっとな~~~…神尾ってもっと、いじわるそうじゃない?」
ってコトやってんけど
いやいやいや!!
原作とキャラ変わってんの、岳人のほうがスゴイから!!とか思いました…(笑)
じゅんくんの岳人カワイすぎでしょ…
ぴょこぴょこ跳ねてさ~ちっちゃいねずみみたいだもん…(その例えはどうなのか)

忍足におんぶされてる手とか、女の子か~ってカンジ…。

まあ、そんなコトもありーので、
途中の『ドリームメーカー』では
和田部長が号泣!とか…
今日も泣いてるのかな~(笑)

日替わりネタの、『もしもあの部長がこの学校にきたら?』は
山吹に手塚部長が来ました。
なかなか…あっくんに屈しない手塚くんはさすがですな(笑)

アンコールのあのうた、『Jumping up,High touch!』だっけ?では
つねくんが近くに来ましたが、顔ちっちゃ!!(笑)

で、終わって出ようとしたら、3列くらい後ろに居てはった侑貴さんに呼び止められてびっくり!!
彼女はもう帰るということだったので、三宮まで行ってゴハン食べました

じゃん!!
111106_1528~01
お好み焼き屋さん入ってトマト焼きそばだっけ?を頼んだら
カラーリングが不動峰っぽい!!
写メっとけ!!ってテンション上がってんけど
今思えば、これも布石だったのかもしれない…(笑)

例の日替わりネタシリーズ、1日目が、氷帝に赤澤部長、とルドに橘さんだっけ?
が来たそうなんですね。
で、2日目の昼が、山吹に手塚部長、と。
そしたら残り出てない部長は、南くんと跡部ってコトになって
不動峰に跡部が来る可能性もないわけじゃない!!って話で超絶盛り上がって
だけど侑貴さんは、次の日絶対休めないからって、泣く泣く帰られたワケなんです…


すいません、いまさらやけど、畳みます…


続きを読む

敦賀!!


ぎっくり腰を騙して
行ってきた

敦賀

2回行って2回とも雨

今回は金ヶ崎宮にもお参り


詳しくはまた

写真は、関ケ原東西武将隊feat.よっしー

『ベルサイユのばら』

ベルサイユのばら (第1巻) (Chuko★comics)ベルサイユのばら (第1巻) (Chuko★comics)
(1987/03)
池田 理代子

商品詳細を見る


オトナになってから買ったまんが、その4くらい?
(その1は『キャンディ☆キャンディ』その2は『はいからさんが通る』その3『日出処の天子』)

これね、サイズが大きくてすてきなのです
A5かな?

三番街のベルばらフェアでちらりと見てから
読みたくなって、昨日の晩に、久しぶりに一気読み~~~~

泣いた泣いた!!

すごいまんがですよね~

確かに、あたしのフランス革命の知識って、ベルばらがすべてです。
新選組の知識が、司馬遼の『燃えよ剣』だった頃のように。

前は、アントワネットの肌の色が、真珠色のどうのこうの…
て読んでも、イマイチ想像つかなかったけど
(ヨーロッパの白人の肌色というのは、日本人の色白とはワケが違うので)
2年くらい前?にハプスブルグの肖像画ばっかりの展覧会に行って
嫁ぐ前のアントワネットの肖像画も見たわけです
エリザベートのあの巨大な肖像画とかね。
それで、ああ、真珠色の肌って、こういう色なんだ…
と実際に見て知ったわけです

やっぱ、見るって大事ですねぇ…

フランスという国にあまり興味はないのですが
ベルサイユには行きたいです!!
実はベルサイユの日本語ガイドブックは持ってるのだけど…
(妹のおみやげ)
行って見てみたい~

ぎっくり腰…

ついにやってもた…

長年、腰痛持ちで(殆ど職業病です)ここ最近も調子悪かったけども
実はぎっくり腰はやったコトなかったのに…

いちじかんくらい前に、床に座ってたときにくしゃみしたら

ぎゃあ痛い

って…

ああ、多分これが、ぎっくり腰…



明日…いや、今日は働けるのか…

何より、土曜日に敦賀行けるのか…
(そっちかよ)

重要だもの…

吉継さまの所領地凱旋となれば、行かねばなりますまい…

しかし

痛い。


大丈夫か、あたし。


『関ヶ原』読了

関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)
(1974/06)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


たぶん、いちねん掛かりくらいで読了です…

いや、最後が近づくにつれ、号泣必至!!なのが分かってきたので
先延ばしにしてたカンジ…
よくある“読み終わりたくない病(やまい)”発病でした


読み終わって、

う~ん…

西軍の三成と左近の動きとか心情とか、ものすごく細かく書かれてて
まさにこれが事実なんじゃないか、と錯覚するようです

武将や、小者の名前もずらずら羅列、ホンマかいな?と思いますが(笑)
あくまでも、史実の関ヶ原に取材した物語なので
そこは、違う違う…と思いながら読んでました(笑)


それにしても、東軍の気の遠くなるような根回し工作
それによって、関ヶ原に当日布陣した西軍のうち、実際に参戦した軍勢が
全軍の1/3くらい、とか読むと
そら、負けるわいな…
と思いますよね
不戦協定結びながら、でもお金と日数使って、実際に出向かないといけないとか
まあ、めんどくさいことです…

たら・れば、なんてホンマ詮無いことやけど
南宮山の毛利勢が動けたら、長曾我部勢が動いてたら、
そう思うとな~~~…

そして何回か実際の古戦場へ行ってるおかげで、陣と陣の距離感とか
カンジとか
割とすんなり想像できたので、そこはイメージしやすかったですな

百聞は一見に如かず、なのです

ただ、今のあの場所に、何十万もの人間が居た、ってのだけは
想像できないな~(笑)


…夏冬のビッグサイトに集まってる人間…よりももっと多いけど
あんなカンジなんだろうか?(笑)



司馬さんの物語のなかで、人が死ぬときって
びっくりするくらいあっさりと描かれます

死んだ。

とか、ひとこと。

ドラマとかゲームとかだと
必要以上にドラマティックに描かれるような場面が
ホンマにあっさりえがかれてる

読んでても、BGMが聴こえてこないというかね。

それがきっと、事実なんちゃうか?と思わせるひとつちゃうかな~~~~
と勝手に思ってます

だって、左近が死ぬシーンとか、読む前は絶対、“さくらゆき”の『蓮』が流れるんやろな~
とか思ってたもん。
それが、読んだら全然で、えっ?て拍子抜けしたくらいなのです


おもしろかったです。
さすがに。

うん。


決戦はいちにち…半日で終わってしまったけど
そこに到る経過が、ものすごいものやってんな~と改めて。

なのごとも、一夕一朝には成らぬものなのですな…

はい。

続きを読む

沖田のこと

沖田ぐりこ

Author:沖田ぐりこ
美形屋庭球部分室の絵担当。
現在のジャンルは
テニプリ・ベカミ

好きなものは…色々
歴者です(歴史好き)
(新選組(幕末)と信長(戦国))

電車もちょっと(だいぶ?)好き
スポーツ観戦も割と(かなり)好き

他にも色々。
まあ、キホン、腐女子ってコトで。

すずらんの花言葉は
『幸福が帰る』だそうです
被災地に幸福が、
笑顔が戻る日を応援しています!!

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
わしに触れるでない!!
完・全・版!!
テニスの王子様完全版 応援バナー
SQ.
手ブロはコチラからも
いらっしゃいませ~!
ブログ内検索
RSSフィード
メールはコチラから☆

名前:
メール:
件名:
本文: