週刊少年ヴァリアー

短髪の鮫…




しかしボンゴレ十代目をボスが継ぐと
ボスのアイデンティティが崩れそうな気がする…




だから
鮫は髪を伸ばし続けるのです



続きを読む

スポンサーサイト

ムカつく関テレ

最後まで中継できひんやったら
中継すんな


鳥っこのサヨナラタイムリー観られへんかったやんけー


ていうか、甲子園の阪神の試合は、おっサンに任せとけばええねん…


他局は最後までもようやらんのに割り込んでくんな


あ~ムカつく

造幣局の通り抜け

これで今年のさくらもお終いな記事です

日曜日の遅くに行って、失敗したと思った…
(ものすごい人出だったので。年々増えてる気がする…)


早く起きれなかったことが敗因。

でもさくらは美しかった。
さくらに罪はないのです。

P4180160.jpg



続きを読む

御室桜と竜安寺

もう2週間!も前になりますが、平日にお休みもらったので、行ってきやした

P4150097.jpg

P4150095.jpg

仁和寺といえば、この角度(笑)ザ・仁和寺!!

雨が降ったり止んだり、カメラを雨から避けるのが大変でした
平日やというのに、えらい人!
そら、しゃあないね

ほんでも、桜の間に、有料の縁台が置いてあるのですが、中国人と日本人のおっさまは
平気でその上に土足で上って立って、写真を撮りやがるのです

ああ、同じ日本人、しかも人生の先輩ともあろう人たちが、何ですかその振る舞い。
後ろから蹴り落としたかったのは言うまでもなくw

と、いささか気分を害されたものの、さくらは美しかったので
いくらか削がれました

救いは、修学旅行の中学生の感動の声
「うわ、うわ、すご!すごい!!」
素直に、さくらが咲き競ってる光景に感動してて、なんか嬉しかった~
願わくば、彼らがあのようなおっさまになりませぬように


続きは竜安寺
真田幸村のお墓があるねんて…

続きを読む

鮎のゆるキャラて…!

ひあゆ丸

だそうな…

お菓子のゆるキャラて…スゴイな、岐阜!!




http://ameblo.jp/hiayumaru/


ああ!
そういえば、のぶさま。のブログにひあゆ丸って出てきた…コレのことか!!


ふんわりもちもち。

ヤバイ、めっちゃあたしらの好きな口や…!(笑)

TRIGUN!!

ウルフウッドが生きて動いて喋っとった~

それだけで(笑)



映画の後半になるにつれて流暢になる関西弁…(笑)
始めの方ぎこちないもん(笑)
(ネイティブやで)


ウルフウッド、ヴァッシュのこと好きすぎやろ


楽しかったあ~
20100428205032.jpg


映画館のビルを出て見えるもの
100428_2042~01
きらきら。

泣いちゃった

3月のcityで買うた、
阪/急/電/鉄/100/周/年本(擬人化)
を、さっき読みました…


な、なんか目から水が…



あんまし宝/塚/線には乗らないんやけど、29日に記念列車走るらしいから
行ってみようかな、とか…



よく乗るのはもっぱら、京/都/線
“よその子”扱いなんだそうですが、あの無駄に装飾されてて余所行きな感じが好き…(笑)


神/戸/線も、高速でステキですが(基本的に“速い”のが好き)
普段使いの人たちが、なんというか、ちょっと違うのですね


京/都/線の特急が“観光地に向かう列車”なのに対して
神/戸/線の特急は“普段使いの列車”
なイメージです
(京/都/線も、特急以外は普段使い)



…何を語ってんだか、こんな夜中に(笑)




…早そうな名前と言えば、近/鉄/奈/良/線の“快速急行”も好き…
(近/鉄の特急は、J/Rと同じで特急料金がかかる)

快い速さで急いで行く


素晴らしい(笑)




特急って特別急行とかの略
それとも
特に急ぐ
って決意表明




だから何を…(笑)





寝られへん(笑)

逆巻く雨に月

帰り道、物凄い風でを漕ぐのも四苦八苦…

雨はそうヒドくなかったのではたたんでましたが

細かい雨は風に煽られて、上からといわず横からといわず吹いてきて

ふと、頭に浮かんだのが“逆巻く”という表現

うん、ホンマはもっと激しく、ホンマに下から吹いてくるような雨風のことなんやろうけど


そんなこと思ってたら、月が見えてる


あれ雨降ってるのに



雲はすごい速さで月の前を通り過ぎてく


雨の中、流れる雲と月を観ましたってお話




ちょっと8018っぽかったかな…って…





今年のヒバリたんお誕生日会は何しようかなぁ…

初鮎!!

この前、早くも鮎を見つけたので、食べた
20100425220156.jpg


うま~



鮎は、岐阜のお菓子屋さんが発祥なのだって
鮎の時期に買いに行かないと
(行くとしても秋やからなぁ~)




あ、かしわ餅はもう食べたから、季節的には順番通り(笑)

ユリカモメを監修した(BlogPet)

きのうもっちゃんが、誕生するはずだったの。
それできのうもっちゃんが、ユリカモメを監修した。

*このエントリは、ブログペットの「もっちゃん」が書きました。

どうやっても公認

部屋じぇねれーた

今頃遊んでみました…

オカシかったです…


ぼーいず電卓もナイス。

80×18


あははは…



…ごめん、もっちゃん、誕生日やのに(笑)

続きを読む

あああ~…

今年の“総司忌”にも行けない…


ショック。



来年か…



念願が叶う日は来るのであろうか…



お誕生日おめでとう!!

もっちゃん

お誕生日おめでとう


ヒバリたんにた~んと祝ってもらいなさい…



あたくしは、胃腸具合がよろしくないので、ケーキとか食えんです(笑)



元気になったら、食べることにするわ。


雨の日なのに

近所で雲雀がとてつもなくうるさかった…(笑)


え、雨の日だからですか?

そうですか…(笑)



なんとなく、雲雀が空で暴れてる(?)のは、いい天気の日のイメージがあるので
(実際、そういうことが多かったので)

雨の日にも声を聴いて、ちょっと意外でした。



つか、この辺にも雲雀いんのかよ。
どんだけ田舎…


海からは遠いけど川が近いからか、ユリカモメは時々鳴いてて、ビビりるけど


よいふーふのひ

なんだって…

刑部がゆってた…

さきちが11月22日もそんな日だったと反論
じゃあさこが、言ったモン勝ちと。

…あそこの主従には愛が感じられないなぁ(笑)

以上、“戦国パラダイス”トップページのコントより。




しかし、よいふーふと聞いて思い浮かんだのが
やまひば
ってあたりがどうなのか、あたし。

こう、初々しさとか、そーゆーモンはないのか。




ああ~5月のインテ楽しみ…やまひば買うぞ…

イラスト集の理想的なカタチ

最近、リボコロを買って思ったのですが。

小さいということは、値段が下がるということで
若い子…お金がままならない世代にも買えるということなので
それは、昔、欲しいイラスト集が高くて買えなくて
歯噛みしてた自分を思い出すので、良いことだと思うのですが

じゃあ大きければいいのかというと、
まあ、そういうこともある。

でも、何が不満かというと
すてきなイラストが端っこまで見れないことで
それはつまり
綴じ方に問題があると。

平綴じではなく、中綴じしてくれたら
見開きだって、ズバーンと全体がバッチリ見れるわけです。

でも究極の理想をいえば
イラストがバラバラと独立してるカタチですね。
それ1枚を、本の開きグセを気にすることなく
眺めていられる幸せ…
見開きイラストだって、もとは真ん中に線なんか無いんだもの。

そういう、元に近い状態で見たいというのは
ヲタクゆえなんだろうか。

イラストの裏に
ドコのナニに使ったイラストか、ってデータと、作家さんのコメントとかついてると
とても嬉しい。

…やはりヲタクの考えなんでしょうか。

リボなんて、読者の年齢層が低そうなので、仕方ないかな~とは思うんだけどもね。

オトナな読者向けにも、そういうの作ってくれないかなぁ。

『ころころろ』読了

ころころろころころろ
(2009/07/30)
畠中 恵

商品詳細を見る


わ~い順番廻ってきたぜぃ!

また新たな妖怪が仲間入りですか?と想像できる、表紙のイラスト。
なんで屏風のぞきは、こんな色なの…?とか。

面白かった~…
今回は、若だんなに最大の危機が!(いや、三途の川を渡りかけたことがあるんだっけ?)

かわいいお話、ほろりとするお話、う~ん、と考えさせるお話。
色んな要素がいっぱいで、色んなタイプの話を楽しめて、いいですね~
始めの話を発端に、最後まで繋がったお話です。


でも今回は、割といつもすんなり危機を脱する若だんなが、問題解決にかなり手こずります。
兄や2人も大変。
読んでるこっちも、え、まだなん?とどきどき。
ず~っとこのままやったら、どうしよう…
とか不安になります、若だんなの不安が伝染ったかのように。

うん、最後がどうなるかは、お楽しみ。

それにしても、これの前の前…の本を読まないと。


『小説新潮』4月号のお話にも、知らないキャラが出てきた~。

そして、3月号には、『僕僕先生』の読みきりが載ってたんだって…
『僕僕先生』は新刊が出るし…あ~早く読みたいな!!

大坂・春の陣!そのさん・『夢のまた夢』

淀屋橋に着いたら雨がたくさん。
でも公会堂の前は人が並んでて、まだ入場できない様子。
駅前のカフェで時間潰して、公会堂へ。

昔はそれこそ毎週のように通ってた公会堂ですが!
新しくなってからは、初めてかな?

ちょっと入り口に迷いましたが、無事に到着。

受付でチケットを見せて、おみやげをいただいて、入ります。

物販ブースがあって、気を取られてると、始まります!のアナウンス。
後ろの方しか席が空いてなかったですが、座れました。


まず、さこ・みつ・にゃんぶに甲冑姿の三成公が登場!
せわしなく動くにゃんぶが…(笑)
そしてオープニング映像!
これまでの三将の歴史が…
実は、『さこにゃんは関ヶ原で別れて以来会っていない殿との再会を願っています』
というナレーションで泣きかけました…
(家で観ても泣きました…)

それからトークショー開始!
石田三成公ご子孫、真田幸村公ご子孫が登場!
面白いお話てんこ盛り!で大笑いさせていただきました…
お2人のキャラが絶品!
「関ヶ原に真田さんが来てくれてたら、勝てたんです!」
爆笑。
「いや、あの『天●人』はねぇ…あれはシナリオが悪かったですね!!」
爆笑。拍手喝采。

お宝が来るらしいですよ~!
と聞いていたお宝が登場!

大徳寺三玄院の三成公のお墓から発掘された、頭蓋骨を復元したものと
それから復元した顔!

うお~!
昼間に大坂城天守閣で、復元された顔を元に描かれた肖像画を観たんで
まさにびっくり!

くっきり二重で、出っ歯ぎみではありましたが
鼻がしゅっとしてましたね~
ご子孫の石田さん曰く「今で言うならイケメンだったんです!」
Dちゃんと、小栗旬間違ってへんかったんや!と(笑)

大変楽しかったです!

そして休憩を挟んで古楽器のコンサート!

休憩時間にグッズを買いましたよ…
にゃんぶのストラップとマウスパッドとガム。
マウスパッド、どうしようか悩んでたら、スタッフさんが
「使わなくても、壁に飾ってね!毎日拝む的に…」
とおっしゃったので買いました(笑)

続きを読む

大坂・春の陣!!そのに

まず、近いところで、越中井を目指します。
大坂城内の、細川屋敷があったところです。
地図を見ながら歩いて、花見してる人たちが大騒ぎしてる公園の側に、発見!

CA3F0032.jpg
ガラシャが亡くなった場所とされています、大坂城内の細川屋敷。
近くの玉造教会(大阪カテドラル聖マリア大聖堂)には、ガラシャの像があります。
前から見たかったので、行って来た!
100411_1625~01
なかなか、日本の教会は中に入りにくいんだけども、この日は日曜日で、奥で集まりをしてたようで
入り口が開いてました。
ちょっと、入り口まで入ってみた…
正面の絵は、堂本印象の『栄光の聖母マリア』美しい~…
正面右には、おそらくガラシャ、左はジュスト(高山右近)の絵もありました。
近くで見たかったけど、この日は断念。

さて、次こそ幸村の縁の地へ!

続きを読む

大坂・春の陣!

午前の部『難波のこと』

Dちゃんとの集合時間の1時間前にチケットのデンワをかけたせいで、遅れました(汗)
(遅れた甲斐?あって、チケットは無事取れた…ドリライね)

Dちゃんも電車が遅れたりで、大坂城に着いたのは、集合時間と書かれてた時間ギリギリ!

あたしらは、自由参加のウォークに参加です。
受付で地図をもらおうとしたら…秀吉像に下に人だかりが!

にゃんぶ!!

ぎゃー!にゃんぶー!
100411_1159~01
と、その横は…茶々?
小谷からはるばるいらっされたそうな!

もちろんみつにゃんも!
100411_1200~01

さこは居ませんでしたね。(二日酔いで参加できなかったとか…)

で、急いで受付をして…てか地図をもらって、夜の部のチケットが残っていることを知り…
豊国神社に初めてお参り。
そしたらコーヒーの御接待があるというので、いただきました(^o^)

境内を眺めながらコーヒー飲んでたら、にゃんぶ・みつにゃん・茶々がお参りをしてるっぽい。
人だかりがぞろぞろ移動してました。

結婚式も見たよ~
白打ち掛けに髪は地毛のままの花嫁さん。
あんなのもいいですね~って最近はあんな風なのかな~
晴れてよかったですね!!

さて、そろそろ出発しようかい…
と、出発。
コースは一応あるものの、特に時間制限とかがあるわけでなく、
コース途中のこの時間にみつとにゃんぶが応援に来ますよ!ってこと。
なるほど、ととりあえず、大坂城へ登城することに!(コースに入ってたので)

100411_1238~01
久しぶりです~、エレベーター待ちの列が最大手!だったので、なんと8階まで階段で上がることに!

天守閣最上階からは、色々よく見えますね~!
大坂城って大きいな…。
外国人が多かった~!

1階ずつ降りて、ぐるりと見ます。
展示品が面白いので、それを中心に。

気が付くと、2時間近く経ってました…

お腹すいた!とお城を出て、森之宮駅の王将でゴハン(笑)

夜の部の開始までにはまだ時間があるので、幸村ウォークをちょっと…

つづく。

安土城登城!!そのよん

さて、田んぼの中の道をむりやり通って、信長の館へ到着。
何回も行ってるけど、大好きだわ(笑)

中に入ると、お膳がずら~りと並んでいる。
なんだ?
と見ると、例の、光秀が家康をもてなしたお料理です。
ワオ!
スゴイです…

ぎょ、こんなに食うの?って量…。

知ってる料理も知らない料理もあります。
ヒバリの姿焼きがあったよ…足を括られてた…

刺身とかね!すごいね…
何をいちゃもんつけたのかな、殿は…

P4100001.jpg
相変わらずすごい内装。
Dちゃんは落ち着かない…と言うけど、まあ、確かに、赤いしね(笑)
闘志みなぎってくるかもね(笑)
ほとけの来迎図見ながら、闘志漲らせるんだよ…ふふふ。
来迎です、来日だから。
他国へやってくる図だから。
他国へ行く計画でも立ててたのだよ…きっとね…。

最上階。
P4100010.jpg
ちょっとゆがんでてごめんなさい。
自分がどうもゆがんでるみたいで、カメラを水平に構えてるつもりなんだけど、やっぱりゆがんでます…
あたし、この部屋はとても落ち着くと思うんですよね…
扉を閉め切って、考え事するには最高ですよ。
時々、テラスに出て、湖を眺めるの。最高だな~…

歴女歴女と言われ、各地にたくさんの若いおなごが、と言われますけども
あたしあまり遭遇しないですね…
この日は何人か会ったかな。
てゆうか、若いおなごが押し寄せる場所にあたしが行かないだけなのか(笑)
信長の館は、おっさまおばさまが多いのです、なぜか。
やっぱり信長好きさんはおっさまが多いのかな…

堪能して、外へ出ます~
前に畑に菜の花満開で、さくらも満開で、見ごたえあるんだ…

続きを読む

安土城登城!!そのさん

舟乗るの、時間終わってたらどうしよう…

と、とりあえず、駅前の観光案内所へ行く。
で、ポスター見たら、14時まで!って書いてある!
今、すでに13:45!!
案内所の方に聞くと、「あ~…乗れるかどうかギリギリかも…」
クルマで行って置くとこあります?
「クルマ?コレか?道教えよ!」
で、びゅーんと行きました。

ココか!クルマをぎゅいっと停め、舟が川を出て行った…
ありゃ~、最後か…
間に合わんかったか…

とがっかりしつつ、机で片付けをしてるおじさんに、舟はもう終わりですか?と聞くと

「あ~…あれで良かったら出せるけど、誰か行ってくれる~」
手漕ぎの舟がちょうど帰ってきたところ。
舟のおじさんたちが、「乗るの~?」と聞いてくれる。
乗りたい!!
「よし、じゃあ!」
って、チケットを買って、出していただけることになりました!!
わ~い!ありがとうございます!!

田舟(たぶね)っていう舟で、昔は農作業道具を田んぼまで運ぶのに使ってたんだそうです。
なんと牛!まで乗っけて運んでたそうな…
水路が生活に密着してたんですね。
おじさんたちも子どもの頃は、田舟が空いてる時期には借りて
湖まで乗っていって、泳いだり魚獲ったりしたそうです。
ほほ~!

船着場のあたりには幟が立ってたんですが、信長以外は、殆ど知らない武将の名前。
この浜、常の浜(じょうのはま)は、観音寺城の城下だったそうです。
佐々木六角氏の居城だったところなので、幟にある家紋は、佐々木六角氏のもの。
なるほど…。

ヨシや水草がいっぱい茂る川を下りながら、そんなお話をたくさんお聞きできました!
好きな時代の周辺事情というのは、楽しいですね!

しばらく行って、後ろの櫓だけで見事に180度ターンして、また、浜へ戻ります。
この技が素晴らしい…
舟を操る人というのは、スゴイですね…!
ヴェネツィアでも思いましたけど!

ヒバリが物凄くやかましくて、Dちゃんにその声を聞かせることができました(笑)
急降下!も見れたね~

P4100105.jpg
舟から観るさくら。すてきです。
あの橋を越えたあたりで、櫓を持って漕いでみる?といわれ、やりたい!!
と挑戦。
なかなか上手くいかないな~(笑)
見てるとできそうなのにな…でも面白かった!ありがとうございます。
首に手ぬぐい巻いて、オカシな格好で写っとりました、写真(笑)

そんな間に、あっと言う間に浜に戻ってきてしまいました。
あ~…
面白かった!ありがとうございました!!と言って、舟を降りました。
P4100107.jpg
さくら、ほんとに満開でうつくしかったです!

CA3F0018.jpg
逆ささくら。
こんなすてきな場所もあります!
また行きたいな~…

さて、次はどうしようかな?帰るにはまだ早いけど、ドコか行くには遅い…
と協議の結果、信長の館の方へ行くことにしました。

まだつづく。

予定(BlogPet)

きのうひばりと、予定ー!

*このエントリは、ブログペットの「もっちゃん」が書きました。

安土城登城!!そのに

まあ大体において、城の石段というものは、歩きにくいものです。
ここも然り。
Dちゃんとひーひー言いながら登ります。

「秀吉は、あんな下から、殿に呼ばれたら駆け登って行ったんやろね…」
「昔の人は足腰強いよね」
「伝令の人もすごいよね」
「駆け下りてきて、また駆け上がるんやもんな」
「そら戦場で鎧着けて走るもんな」
「カタカタカタカタ…!」(彦根城博物館で遭遇した、鎧は木製か?の話に基づく)
ぎゃっはっはっは!

「あんまり遅かったら、遅い!って扇でおでこはたかれるで」
「ぺしん!ってな~…」

その点、お乱は近かったから、すぐ駆けつけれるよ!
…早く発掘してくれないかな~…

下らない話をしながら、とうとう天主到達!
P4100088.jpg
「登城!」

人が多かったので、礎石に座っての記念撮影は断念しましたが、相変わらず妄想力駆り立てられる城跡です。

秀吉邸前から、天主に到達する時間を競うレースをすればいいと思うよ!
とかバカな話をしてました。
京都駅の階段登りとか大会があるでしょ?
あれと同じで(笑)
殿に呼びつけられた秀吉気分で、必死!で駆け上がるレース!
どうですか、安土町さん?(笑)

天主台の石垣は人が多かったので、總見寺跡まで降りることにしました


P4100095.jpg
ここが良き眺めであるよ…
大好きです。
ここでお弁当っぽいものを食べました。
日差しが暑かったけど、キモチよかった~!

小一時間まったりして、山を降りました。

百々橋から、大手道までのぐるりがさくらいっぱいできれいなのです。
P4100104.jpg

あの、すごいんだけど、上手く撮れないわ~…

そんな感じで堪能して、さくら祭をしてる常の浜、というところへ!
舟!舟に乗りたい!

続く。

安土城登城!!そのいち

10日は晴れ!
Dちゃんと、安土城へさくらを観に行きました!
クルマでぶい~んと行ったよ~

安土のお山自体は、道を走りながら見えるんですが、
城跡に入るあたりで、突然視界に飛び込んでくるさくら!!
ワオ!
駐車場に停めて(春は500円です)お城跡へ!
入山料払うあたりで、なんか、看板が…

總見寺特別公開中…?

Dちゃん、こっちにしてもいい?殿の木像が見れる!
倍やけど!
いつも公開してないねん!!

と、1000円で、總見寺に入れる券を買う!
入り口で安土城のマップをもらったら、例のらんまる君が居って、
「なんかおる~~~~!」と叫んでしまった(笑)

大手道を登りながら、それでなくてもテンション上がってるのに(笑)
P4100100.jpg
写真の中央あたり、さくらが見えるあたりが總見寺仮本堂。家康の屋敷跡にあります。



続きを読む

らんまる君!!

久しぶりに安土城跡に登城した

…ゆるキャラできてた
20100415005409.jpg



らんまる君



…犬

殿のコトを“殿”と呼んでるあたりがズキュンです(笑)

左手に地球儀持ってんの。
カワイイな~…




…はやく安土城跡のお乱の屋敷跡を発掘してやって下さい…

とんでもない何かが出ると思う…(希望)




詳しくはまた書きます



☆☆☆追記☆☆☆
らんまるくんの産みの親は、さこ、みつ、にゃんぶのママの、やまもとひまりさんだそうな!!
(と、ご本人のブログに載ってました~)


大坂 春の陣!!

楽しかったぁ~
20100411212216.jpg

にゃんぶ・みつにゃん・さこに癒された…




コンサートもステキだった~

ありがとうございました

詳しくはまた

サークル参加予定(BlogPet)

ひばりの「サークル参加予定」のまねしてかいてみるね

美形屋庭球部分室テニプリ・ベカミ(沖田個人・監修/20全国大会GS()申込済み8/Dカントク)6/Dカントク)6/22SCC関西16()申込予定10/10CCSPARK申込済8/22SCC関西16()申込済8/Dカントク)6/14夏申込済み8/14夏申込済8/14夏申込予定

*このエントリは、ブログペットの「もっちゃん」が書きました。

京都・春の旅:4/4 前編

2週続けてさくらの京都です(笑)
どうしたんだ、あたし!!

どうしてもさくらの時期に、哲学の道に行ってみたかったの…
ムボーだとは思ってたけど!
…鬼みたいだった。

ミニブログでリアタイ更新してましたが、まあ、書きますね。

ヘンな時間に起きて寝たため、ヘンな時間に出発。
でも京都が近くてよかった…

まず醍醐寺に行きたかったので、地下鉄に乗るため、三条へ向かいます
高瀬川沿いを上ったよ
1270346043493_20100404105403.jpg
ちょっと川にチャリが落ちてますが(笑)気にしない。
満開でした!

で、リップクリームを忘れたことに気づき…三条のコクミンへ行こうと思うけど、閉まってた。
ので引き返す。
と、通り過ぎたお店の店先に、“幕末維新の写真や資料を店の奥で展示してます、お入り下さい”という
看板を発見…お店はお人形屋さん…買わないけど、入っていいかな…とご主人らしき方にいいですか、と
声をかけて入り、見せていただく。

古い、三条界隈の写真や、旅籠組合の資料など…
おおお!というものがずらり。
ほうほう、スゴイ!と見ていたら、ご主人がお話を聞かせてくださいました…!
三条通りの古い写真なんて、初めて見たよ!
木戸というか、雨戸もぜ~んぶ閉まった池田屋の写真とか…
その、人形屋さんのお宅は昔は旅籠だったそうなので、そういう資料も残されていたんだそうです。
今、池田屋の前にある看板の文章も、ここのご主人が考えて書かれたそうな!
幕末から続くお家は、ここだけだとか。
提灯箱がずらりとありましたよ!

たくさんお話を伺えて、ホンマ勉強になりました!!
池田屋の斜向かいくらいの、人形屋さんです…看板は小さいので、見逃さないように!
ちなみに、海援隊の屯所だった、酢屋も、すぐ裏手くらいです…

しかし京都ってオソロシイ街だ…
今、世間に出てる史料が総てではないんだもの…
きっと昔から続くお宅には、こういうものがごろごろ残っていそうです。

思いがけず、幕末どっぷりになって、なんだか気分も晴れ晴れ!
三条駅へ行って、間違えて京阪の改札を通ってしまいました…
駅員さんにぴたぱの処理をしてもろて、地下鉄へ…

醍醐寺へ!

続く。

京都・春の旅:3/27 後編

おみやげ屋さんをさまよい、がまぐち屋さんでさんざん遊んでたら、日が暮れてしまいました…
早く帰らねば!と思って帰ろうと思ってると、高台寺の警備員さんが

しだれ桜満開です~!

と呼び込み(?!)したはる…


さくらが満開と聞いて、素通りできるほど、非国民じゃないよね…

と行くことに…

満開でした!
P3270008.jpg
夜桜は撮るの難しいですね…

でもここは、お庭のライトアップが残念なカンジでした。
たくさんの人でした、ここも。

御霊屋でねね様にお参りして…高台寺を後にしました。

円山公園も通ったので、枝垂れさくらを観たよ~
P3270013.jpg
この日で7~8分でしたか。
斬られた枝がかなり伸びてきましたね…

みよし屋でみたらし団子を食べてv阪急電車で帰りました!

後で思ったら、なんだかお墓参りないちにちでした…(笑)
ハカマイラーとかいう人種ではない、決して!!

終わり!!
沖田のこと

沖田ぐりこ

Author:沖田ぐりこ
美形屋庭球部分室の絵担当。
現在のジャンルは
テニプリ・ベカミ

好きなものは…色々
歴者です(歴史好き)
(新選組(幕末)と信長(戦国))

電車もちょっと(だいぶ?)好き
スポーツ観戦も割と(かなり)好き

他にも色々。
まあ、キホン、腐女子ってコトで。

すずらんの花言葉は
『幸福が帰る』だそうです
被災地に幸福が、
笑顔が戻る日を応援しています!!

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
わしに触れるでない!!
完・全・版!!
テニスの王子様完全版 応援バナー
SQ.
手ブロはコチラからも
いらっしゃいませ~!
ブログ内検索
RSSフィード
メールはコチラから☆

名前:
メール:
件名:
本文: