スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『牛車で行こう!』読了

『牛車で行こう!』京樂真帆子・著/吉川弘文館

ツイッタで見かけて読みたくて図書館で予約してやっと順番が来ました!

いや~おもしろかった!
牛車に種類(ランク)があるとは知らんかったし
乗り方のお作法や、乗っていい場所、乗っていい人、種類、などなど…
平安時代の日記や、物語、説話集から牛車の場面を抜き出して
どういう人物が、どういう場面で、どういう場所へ行くために、どのように乗っていたのか、が
いっぱい書かれてて、ほほー!と感心ばかり。

おもしろかったのだけど、やっぱり、古文を引いてあるなら、現代語訳も同じだけ載せてほしかった…
っていうのと、
図版もおもしろいんやけど、読み方が分からぬ!(笑)

興味はあるけど、なかなかそこまで読めない一般人には、ちょっと難しかったです(笑)

平安時代の日記とか、物語とか、の、ドライブ場面は、これから遭遇したら
あ、こういう車種なのね!って見方が増えるのは間違いない!

今度は、絵巻物の例もいっぱい見たいです。


…平安時代ということは、あれかな、棟梁や嫡男やイケメン三男も乗ったりしてたのか…
いや、あそこは武家やから乗らんのか…

悪佐府殿は乗っていたのか…大河で、亡くなったときは牛車やったか…?

とかなんとか。

一番びっくりやったんは、牛車の車体が、植物の葉で造られていたこと!
いや、骨格は木なんだよね、周りが植物の葉というか繊維で編んだりしたもので
覆われているんだよね…?
なんとなく、イメージ的に、漆塗りの箱、だったのですが。
葵祭も直接見たことはないので、見てみたいです!

ドコに行けば牛車見れるんだ!

風俗ミュージアムか、源氏物語ミュージアムか!
突然の平安ブーム到来なのか!

乞うご期待!\(^o^)/ (?)
スポンサーサイト

『決戦!関ヶ原 2』読了

年またぎで読了です~

関ヶ原合戦の参戦武将ひとりづつのエピソード的な、アンソロですかね。(全員ではない)
その作家さんの見方でその武将を描き出しているのがおもしろかった!
あ、こういう見方、考え方もあるんやな!って。
ステレオタイプな描き方から
斬新!な描き方まで!

ホンマね~、史実を題材にした小説は、その“場所”に行くと
さらに現実感マシマシで楽しいよ…

関ヶ原はホンマに、風景浮かぶので楽しい…

この本は、金吾さんの話がおもしろかった…

松尾山から見下ろすあの、関ケ原ね…
確かに、うんうん、と思えるお話だった。
(見下ろす、のがポイント)


他の題材…新選組とか、もあるようなので、読んでみたいでっす


『日本史の内幕』読了

『日本史の内幕』磯田道史 中公新書

磯田先生の本です

この人の話を聞いたり(テレビでね)
本を読んだりして、展覧会とかで古文書を見ると
これが読めたらどんなに楽しいだろう、と
おもいまくります
この前の国宝展も然り、去年の戦国展も然り…

大きな歴史…教科書に載ってたり、ドラマになったりするエピソード、
を、実際に見ていた人、それは市中の人であったり、有名な人であったりするけど
が、書いた記録、日記、を
磯田先生が見つけて読んで、
ああ、こうだったのか!
ああ、やっぱりそうなのか!
って発見したり確認したり、そこから学ぶもの、得るもの、
が、書かれてました

まあ、面白いわ。

磯田先生、お話も面白いけど(テレビに因る)、文章も面白い。
すらすら読めます
そしてこの本は、色んなところへ書いた、短い文章を集めたものなので
更に読みやすかったです

うむ。

これは時々読み返したくなるとおもいまする。

『烏は主を選ばない』読了

八咫烏シリーズの2作目ですね

始めのお話で、全く…というないか、出なかった、若宮と、近習の少年のお話。
前作のお話の間、若宮は一体全体何をしとったんだ!という内容。


…やっぱりね、そうね、納得できないというか(笑)
いや、物語なので、納得するべきところなんでしょうけど
というか、おもってた方向と違う方向へ着地したので、納得できてないんでしょうね(笑)


もう読むのやめようかな、とおもってたんやけど
らっこちゃんが文庫を持ってるというので
のんびり借りて読むことにしました(笑)

なので、続きものんびり読みます、きっと、文句云いながら(笑)

2016 どっかん大賞!

もう5月!
去年もあんまり本読んでないですけど!
どっかん大賞いきますぞ~

悩みに悩んで
『ヒート』
にしました

いや~読んだ直後あたりは、薄い本が欲しくて、支部徘徊とかしまくってたことをおもいだした(笑)


まんがは、やっぱり
『私の少年』
かな~…
おねショタという、あたしの中になかった新たな部屋を掘削したまんがです(笑)
親子といったらそこまででもないけど、きょうだいというには離れすぎてる、っていう、
分かる…分かるよ…(?)


あと、
『GAME』っていう、レディコミ…ではないのだけど
クースビューティと年下男子との恋愛ゲーム的な…
行く先が気になるまんがです。
指がきれい。



そして
BLは不作!だったのだけど、それを埋めるかのごとくの本が
『妄想ポーズ集』でした…
お尻に癒される日が来ようとは。
美しいです。
ツイッターもフォローさせていただいて、眺めて癒されております。
すてき。



今年もがんばって本、まんが、読みたいです!

『平城京のごみ図鑑』読了

なんと図書館にあったので借りましたぞ!

おもしろかったー。
平城宮跡資料館の、子ども向け企画展示だったものの書籍化みたいで
子ども向け…まあ文章は分かりやすかった!
写真と図がいっぱいで、“目で見て分かる”という基本でした

平城京で発掘されるものの大半はごみ、という衝撃の事実!(笑)
よく考えたら、木簡出土!ってったって
荷物に荷札だったり、書き損じだったりなんやから
ごみとして捨てられてたもの、って分かりますけど(笑)
わざわざ荷札を、これは大事…♡って埋めたりしないもんね。
(まあそういうこともあったかも知れないけども)


あたし的にはトイレ遺構のことも書かれてて楽しかったです
と言うより、トイレのこと書いてあるかな!とおもって借りたんでした(笑)


終わりの方に、ゴミ捨て場マップ、ってのが載っててんけど
現在の地図に重ねといてほしかったなー。
見学できるかできないかは別として
“あそこにあるんやー”“ココから見つかったんやー”
ってのは、やっぱり、歴史を楽しむ醍醐味だとおもうですよ。

特に!
平城京の!トイレの場所が知りたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

トイレ好きは今年も健在。

『有頂天家族 二代目の帰朝』読了

お久しぶりです

どっかんしか記事がないですね

有頂天家族
読みましたぞ!

毛深いきょうだいたちのお話…

赤玉先生の跡継ぎ?!がイギリスから帰って来るそうな…


色々キャラクタも増えて
赤い糸でぐるぐる巻きのだったり
うさんくさかったり
生臭かったり
温泉だったり
驚天動地!空前絶後!絶体絶命!

みたいなお話でした

切ないところで終わっちゃって
続きが気になるところですが
巻末の予告?!に因ると
“執筆未定!”とのことで
早く書いてくれないと忘れちゃうぞ!

みたいなね。

でも4月からアニメ始まるんだよね!
叡電ラッピング見に行ったりしたから
大変楽しみです

それにしてもこれ読むと
へそ石を見に行きたくなる
でもあの辺りを通るの、いつも17時を過ぎてるので
門は閉ざされているわけですよ

燻してみたいよね…(怒られる)

夜な夜なお風呂で音読してました(笑)
森見氏の文章は、声に出して読みたくなりますね
何でやろ

次も楽しみ
アニメも楽しみ

いやいや、ちゃんと15周年のご本も読まねば。

映画になるのも読まねば。


というか、『太陽の塔』をもいっかい読みたいんですけどね。
ドコいったんでしょ。

『おおあたり』 読了

年跨ぎで読了ー

今回は何と言っても"から汁"ですよー(そこ?)

おから入のみそ汁?
気になる…


キャラクタが増えて、エピソードも増えてきて
全く飽きませんね

若だんなも元気に熱を出してます(笑)

未来へ繋がる…話は、あったけど、そんなに明確でもないし
まだまだのほほんと、若だんなと妖怪たちの日常、観れそうです

あ、あと、おたえさまの不思議ちゃんぷりが炸裂してますね!
若だんな、しっかりお育ちになってはりますよ(笑)



舞台 観たいよー
関西公演 舞っております!

『僕僕先生 恋せよ魂魄』読了

やっと読み終わりました

途中、ほんわかステキだったのに、悲しい結末だった…

仙骨、の使い方?がだんだん分かってきて
敵も分かってきて
悲しい別れがあって、

…薄妃さんとか、蒼牙香ちゃんが知ったら、悲しいだろうな~

というお話でした。


先生と、弁くんの、気持ちの距離が近づいてる…?

これからも楽しみです。

『童子の輪舞曲』読了

うっかりしてると、どんどん刊行される続き物
見落としちゃう

僕僕先生の短編集!

「ぴ」
「ぴるる!」

司馬承禎のところのかわいい童子、那那と這這(なな と しゃしゃ)
も大活躍!

殺し屋劉欣も大活躍!

蚕嬢と第狸奴の弁くんの頭の上争いも日常風景(でもちょっと懐かしい0)

もちろん弁くんも活躍!


…『福毛』は泣きそうでした
時々、ああやって泣く話をぶっこんでくるの、ずるい

作者さん、二次創作出身と初めて知りました!
自らの作品の、二次創作(でも公式)という、
なるほど~と感心(?!)した1冊でした

おもしろかった~

次は本編の続きを読みまするぞ!
沖田のこと

沖田ぐりこ

Author:沖田ぐりこ
美形屋庭球部分室の絵担当。
現在のジャンルは
テニプリ・ベカミ

好きなものは…色々
歴者です(歴史好き)
(新選組(幕末)と信長(戦国))

電車もちょっと(だいぶ?)好き
スポーツ観戦も割と(かなり)好き

他にも色々。
まあ、キホン、腐女子ってコトで。

すずらんの花言葉は
『幸福が帰る』だそうです
被災地に幸福が、
笑顔が戻る日を応援しています!!

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
完・全・版!!
テニスの王子様完全版 応援バナー
手ブロはコチラからも
いらっしゃいませ~!
ブログ内検索
RSSフィード
メールはコチラから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。